2017年3月17日金曜日

第4回フリースタイル最速王者決定戦優勝!!!


世界選手権、しんちゃん惜しかったですね。
決勝に残れたことは、自分のことのように本当に嬉しいです!(^^)
滑りも進化してるし、最終戦楽しみですね。
しばちゃんも残念だったけど、一本目7位だったし大丈夫!
日本男子いけるいけるいける!



最近の自分はというと、引き続き撮影などで充実した毎日を送れています。
明日から北海道へ移動です。



報告が遅れてしまいましたが、日曜日にスノーボードの神様こと相澤盛夫プロ主催の「CEP presents 第4回フリースタイル最速王者決定戦 in 白馬さのさか 」に出場し、優勝することができました!
自分にとっては、年に一度のフレッシュで楽しみなイベントです。
今回は相手の失敗に助けられての優勝でしたが、来年は運ではなく、実力で優勝できるようしっかり準備したいと思います。



このフリースタイル最速王者決定戦は、自由に速さを競うフリースタイルな大会ではなく、アルペン選手、クロス選手、テクニカル選手など様々なジャンルの選手が、フリースタイルボード、ソフトブーツ、ソフトバインディング、アングル40度以下という規制された条件の中で競い合う、まさに雪上の異種格闘技戦です。


そして、この大会のもうひとつの魅力は、熱意ある大会スタッフによる運営です。
スタートでは、玉木圭太プロと越デモが盛り上げ、西村隊長を筆頭に、中原さん、森川さんなどスタッフの皆さんがスコップなどで段掘れを削って最高のコースを作ってくれています。
フリースタイルは、アルペンボードよりもコース状況に左右されやすいので、キレイなバンクを作らなければ、板全体のポテンシャルを引き出して良いパフォーマンスができません。
こういったスタッフの情熱のおかげで、選手は楽しく滑ることができています。
このようなスノーボードの原点に立ち返らせてくれる機会を作って下さり、また続けてくれることに感謝です。

2017年3月9日木曜日

国内プロツアー最終戦優勝!

 
写真:滑撮屋
 
 
 
ご無沙汰しております。
ブログ更新も久々となってしまい、いつもチェックいただいている皆様には申し訳なく思っております。
引き続き懲りずに来ていただけると幸いです。
 
 
今は一時的ではありますが、三か月ぶりに京都の事務所へ帰ってきてます。
最近はというと、
撮影などで、もの凄くタイトなスケジュールを過ごしてました。
まだ終わってはいませんが、スキー場や出演ライダーの皆様、そして、サポートしていただいているスタッフの皆様のおかげで今年も良い映像がたくさん撮れています。
 
DVD CARVING PLUG-IN
「GREEN 5」「BLUE 6」「RED 6」
 
楽しみにしててくださいね!!!
 
 
こうして今、目の前のこと一つ一つに専念できているのも、いつも応援してくださってる皆様のおかげだと心底感じております。
いつも本当にありがとうございます。
 
 
 
そして、一つ嬉しい報告があります。
既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、先日開催されたプロツアー最終戦で優勝することができました。
昨年、この大会では2位だったので、優勝できて本当に嬉しいです。
あいにくの天候となってしまいましたが、大会スタッフ皆様のおかげで降り積もり雪の中、良いコンディションで最後まで滑りきることができました。
寒い中、大会スタッフの皆様、最後まで観戦して大会を盛り上げてくださった皆様、本当にありがとうございました。
 
 
表彰式の顔ぶれを見ると、往年のレジェンドから高校生まで年齢の幅が広いですね。
僕はこれがアルペンスノーボードだと思っています。
若くないと勝てないスポーツとは思っていません。
登る競技ではなく、道具を使って効率良く滑るスポーツです。
もちろん、年を重ねるごとにフィジカルは劣っていきますが、経験値は増していきます。
 
「フィジカル>経験値」
「フィジカル<経験値」
 
現在34歳の自分ですが、
未だに上手くなっている実感があります。
また、相澤さんやキングカズがいるので、年によるいいわけができないですよね。
先日、菅平で撮影しているときに70歳を超えてアルペンスノーボードをしている方と偶然お会いすることができました。
老若男女長く楽しめるこのスポーツは本当に素晴らしいと思いました。
 
 
「50歳を超えてプロ戦の表彰台に上がる」
 
 
PSAのHPに昔から掲げている自分の目標です。
 
 
 
次の予定ですが、
色々と考えた結果、
 
3月12日 第4回フリースタイル最速王者決定戦
3月25日 北海道選手権
3月26日 全日本選手権
 
に出場することにしました。
 
4月に入ったら
毎年恒例の晃平キャンプも開催いたします。
引き続き応援よろしくお願いいたします。
 
 
川口晃平(パンダスタジオ・スキークラブ所属)
 
 
 
 
 

2017年2月6日月曜日

W杯第6戦ブルガリア竹内智香選手3季ぶり表彰台!

 
W杯第6戦ブルガリア公式結果(FIS HP より)
 
女子予選結果
 
男子予選結果
 
 
すでにご存知かもしれませんが、日本の皆様に朗報です!
「日本表彰台独占」にまた一歩近づきました!

ソチ五輪で銀メダルを獲得した竹内智香選手(広島ガス)が今季ケガを乗り越え3季ぶりに表彰台に上がりました。

これは本当に凄い!!!


家根谷依里選手(大林組スキー部)も残念ながら24位と決勝進出にはなりませんでしたが、予選1本目のタイムを見ると片側全体で12位のタイムを出すなど、調子を上げてきています。
決勝進出も時間の問題ですね。
二人で表彰台に上がる日も近い!
そして、他の選手にも出場してもらいたい。


次に男子ですが、

18位 神野慎之助選手(早稲田大学)
19位 斯波正樹選手(RIZAPスキークラブ)

残念ながら出場した二人とも決勝進出(16位以内)にはなりませんでしたが、神野選手は40番出走から予選2本目8番のタイムを出して決勝進出まで実に0.03秒。。。
0.03秒ってもう本当に「ぺ!」みたいな感じですよ!
着実に速くなってますね。
決勝に進出したらもう誰が表彰台に上がるか最後まで誰にもわかりません。
これがアルペンスノーボードの一番の魅力だと僕は思っています。

斯波選手もおそらく少し失敗したのだと思いますが決勝まで0.14秒。。。
0.14秒って言ったら「ぺっ!」みたいな感じですね!笑
本人が一番悔しいと思いますが、年明け早々に決勝進出して男子の可能性を切り開いてくれて、神野選手を引っ張ってくれています。
とても良い流れですし、僕たちに夢と希望を運んでくれていますね。本当にありがたい!
紛れもなく日本のエースです。
今回のリザルトを見ても、二人ともビックネームのバンクーバー金メダリストのジェシーや何度も表彰台に上がっているオーストリアのパイヤー選手、イタリアのミルコ選手よりも結果が良く、決勝に進出するのも時間の問題ですし、僕はすでに二人とも平昌五輪でメダル獲得できる実力を持っていると思っています。
もちろん、ちゃんとした根拠もあります。(この話はまたいつか)

メダル獲得のためだけでなく経験を積ませるためにも、そして、この競技の将来のためにも、ぜひ一人でも多く平昌オリンピックに出場してもらいたい!
それが僕だけでなく「会員(選手など)やこの競技に興味・関心をもち、常に支えてくださっているほとんどの方」が望んでいることではないでしょうか。


目指せ!日本表彰台独占!!!


川口晃平(パンダスタジオ・スキークラブ)

 

2017年2月5日日曜日

「8th CSBA on SNOWFEST」優勝!

 
 
国内プロ戦二戦目「8th CSBA on SNOWFEST」in よませ温泉スキー場
 
優勝しました!!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
 
 
よませ温泉スキー場のメインコースと言えば、...
昔ワールドカップ開催で使用された1分台の難コース。
中学時代、アメリカのマイク・ジャコビーが優勝した96年!?のレースをビデオテープが擦り切れるほど見ていたのを昨日のことのように覚えています。(実際はまだ擦り切れていませんが。笑)
そんな毎年CSBA(中部スノーボード協会)が主催して下さっているプロ戦SNOWFESTAも今年で8回目。
「7th CSBA on SNOWFEST」はコースアウトで泣いてしまいましたが、今年は優勝することができてとても嬉しいです。
 昨シーズンは1勝もできなかったので、実に2年ぶりのプロ戦優勝です。
 
レースの内容は、相手の失敗に助けられる場面が多くあまり良いとは言えませんが、いつも次なる最速の領域を目指して板の開発に力をいれていただいてる「OGASAKA」様が応援にかけつけていただき、目の前で優勝報告することができてひとまず安心しました。(^ ^)
 
そして今大会では、失敗しても最後まで諦めないで滑りきることの大切さを改めて認識させてもらったり、キッズ達と触れ合うことでスノーボードの原点に立ち帰らせてもらったり、この競技を愛している人達による余念のない大会運営や、この競技を愛している選手達の表情を見て、本当にこのスポーツをやっていて良かったなと今回も思いました。
 
毎年大会開催にご協力いただいてるよませ温泉スキー場、協賛各社、大会役員の皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。
来シーズンもぜひよろしくお願いします!(^ ^)
 
 
パンダスタジオスキークラブ所属 川口晃平

2017年2月1日水曜日

オーストリアFISレース初優勝!!!

 
1日目 男子 優勝
 
一日目 男女優勝者(佐藤えみ選手と)
 
二日目5位入賞
 
主催者のクラウスさんと出場した日本人選手みんなで集合写真
 


報告が遅れてしまいましたが、
 
先日オーストリアで二日間開催されたFISレースで、二日目5位入賞!

そして、一日目に優勝することができました。

オーストリアのFISレースで優勝したのは初めてのことです。

しかも、1日目は佐藤えみ選手との日本人アベック優勝。

強豪国オーストリアの地で、日本人の存在をアピールしてきました!
 
今大会はワールドカップ同日開催ということもあり、ポイントバリューマックスにはなりませんでしたが、強豪国の勢いのある若手選手達を抑えて優勝することができたのは、とても次につながる自信になりましたし、ポイントも獲得することができました。

まだまだですが、すでに昨年よりも大会成績は良いですし、滑りも順調に良くなってきてます。

それもこれも、いつも応援してくださってる皆様のおかげです。
皆様には本当に感謝しております。
 
この調子で、シーズン後半戦も頑張りたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。
 


この後は、2月2日のフライトで3日に帰国し、4日のよませのプロ戦に出場します。

それでは、日本でお会いしましょう!!!



パンダスタジオ・スキークラブ所属 川口晃平


 

2017年1月24日火曜日

ヨーロッパカップ in Livigno(ITA)日本人大健闘!

 
少し遅くなってしまいましたが、1月20日、21日にイタリア リヴィーニョで開催されたヨーロッパカップの結果報告です。
 
今回のヨーロッパカップは、今季に入ってからワールドカップで優勝した選手や表彰台に上がった選手、予選1位をとった選手、決勝進出した選手が多く出場し、半分ワールドカップようなレースになりました。
ベスト8に入れれば、ワールドカップ決勝進出と同等ではないかという個人的な見解だったのですが、そんな中で斯波選手、家根谷選手、佐藤えみ選手がやってくれました。
 
 
20日
日本人決勝進出3名
 
男子
斯波選手 5位
 
女子
家根谷選手 6位
佐藤えみ選手 16位
 
 
21日
日本人決勝進出3名
 
男子
斯波選手 5位
 
女子
佐藤えみ選手 7位
家根谷選手 10位
 
 
家根谷選手が1日目にベスト8。
佐藤えみ選手が2日目にベスト8。
年末にワールドカップ出場の切符をつかみ、年明けからいきなり決勝進出を果たした斯波選手にいたっては、1日目予選4位通過、2日目予選3位通過で、2日間とも限りなくベスト4に近いベスト8。
ワールドカップでベスト8に入るのも時間の問題だと思います。
ワールドカップ、日本人の活躍、凄く楽しみですね!!!
女子 竹内選手、家根谷選手、男子 斯波選手、神野選手 ガンバレ!!!
そして、佐藤えみ選手にも早く出場してもらいたい!!!
 
他の日本人選手も決勝進出にはなりませんでしたが、遅い出走順から頑張って、
鈴木選手は1日目18位、神野選手は2日目17位と決勝まであと少しというところまで頑張りました。
自分も1日目19位、2日目30位と決勝進出にはなりませんでしたが、手応えを感じた滑りもあり、新しく取り組んでいる「板」「セッティング」「滑り方」が実り始めているので、これからが楽しみです。

今回の大会もたけし接骨院の水之江先生が応援にかけつけてくれたり、決勝進出できなかった選手達みんなで悔しい気持ちを抑え、決勝進出した選手のためにサポートにまわったり、個人競技かつ個人遠征で参加しているにも関わらず、一致団結しているのを見て、改めてこの競技は本当に素晴らしい、そして、この競技をやってて良かったなと思いました。
そのみんなの想いが、斯波選手と家根谷選手と佐藤えみ選手の背中を押して、今回の結果につながっていることは間違いないと思いました。
この調子でいけば絶対に日本表彰台独占!できる!できる!できる!!!
 
引き続き、海外で頑張ってる日本人選手の応援をよろしくお願いします!
 
 
川口 晃平(パンダスタジオ・スキークラブ所属)

2017年1月16日月曜日

祝!神野慎之助選手、ワールドカップ出場基準クリア!

 
全オーストリア選手権PGS・PSL結果報告!

PGS
男子
4位 斯波正樹選手
6位 鈴木湧也選手

女子
5位 佐藤えみ選手

ジュニア女子
1位 三木つばき選手

PSL
男子
5位 神野慎之助選手
女子
8位 佐藤えみ選手

ジュニア女子
1位 三木つばき選手

と日本選手、全オーストリア選手権で大健闘!
自分はPGS16位、PSL予選2本目に進めず、涙を飲む形になってしまい、とても悔しいのですが、その分、みんなが良い結果を出してくれてとても嬉しいです。

かみしん、ワールドカップ出場基準クリアおめでとう!
すずゆう、ワールドカップ出場基準まであと1歩!
しばまさ、さすが!!!
さとえみ、いける!!!
うえこと、がんば!!!
かわこう、どした??!!(←次頑張ります!)
つばきちゃん、その調子でスノーボードを楽しんでね!
野藤コーチ、色々とありがとうね!

次は、1月20日と21日にイタリアのLivignoで開催されるヨーロッパカップです。
引き続き、チームジャパンの応援よろしくお願いします!

2017年1月14日土曜日

明日、明後日、全オーストリア選手権!



今はオーストリアのチェコすれすれの場所、Hochfichtにいます。

明日、明後日と世界最強のアルペン大国であるオーストリアの「全オーストリア選手権」に出場します。

オーストリア代表に選ばれるぐらいの成績を残せるように頑張ります!!!



2017年1月12日木曜日

SAJに願うこと

http://www.ski-japan.or.jp/game/14997/
 
今回の投稿は、競技をしていない人たちからするとまったく意味がわからない内容かもしれません。
中には不快な想いをさせてしまうかもしれません。
そして、自分の印象も悪くなるかもしれません。
でも、16歳からナショナルチームに選ばれ、18年間右往左往するSAJを間近で見てきた自分にとっては非常に大事なことで、黙ってはいられず投稿することにしました。
 
 
 
SAJ HP
 
SAJのHPをご覧になった方はすでにご存知かと思いますが、今季のワールドカップの出場基準が発表されました。
昨年発表された基準値よりも少し緩くなったのですが、自分はこれを見て、素直には喜べませんでした。
それは、基準値が緩くなっただけで根本的な部分は何ひとつ変わっていないからです。
今回の一連の騒動から何を反省して、どのように克服していくのかと様子を見ていましたが。
このままだとまた同じ道を辿ること間違いないと思います。
そんなのはもううんざりです。
だから、
SAJに対して言わせてもらいます。
もしかしたら、これによって自分の立場が危うくなるかもしれません。
でも、これで自分の立場が危うくなるようであれば、今までと何も変わらないということなので、言わせてもらいます。
 
SAJに願うこと
 
それは、
 
 
「4年に一度、注目してくれる人たちのことよりも、
 
まずは、
 
この競技を支えている会員(選手など)や
応援してくれている人、興味関心のある人たちのことを、
自分の子供のように1番に大切にしてほしい。」
 
 
これだけです。
 
これがブレなければ、これまでのようにはなっていないし、この先いかなる障害があろうとも乗り越えていけると私は思っています。
この願いが届いて、
これを機にSAJが生まれ変わってくれることを心底願っています。
 
この先何も変わらないようであれば、この具体的な願いやこれまでの責任の所在などを綴った嘆願書を提出しようと考えています。
 
もし、そのときが来たら、これをご覧いただいた皆様にもご協力をお願いするかもしれないので、そのときはこのスポーツの発展のためにご協力いただけると幸いです。
 

生涯スノーボードを愛し続けたいと願う川口晃平より

2017年1月9日月曜日

ニッポン大健闘!ヨーロッパカップ ゲリッツェン大会二戦結果速報!

 
昨日今日と二戦連続ゲリッツェン(オーストリア)で、ヨーロッパカップが開催されました。
 
12月に開催されたホッフヒューゲンのヨーロッパカップのようなほぼワールドカップ選手とまではいきませんでしたが、ワールドカップ選手も数多く出場し、ポイントバリューマックスの熱いレースとなりました。
 
そんな中、本日2戦目で神野慎之助選手がやってくれました!
4位入賞!!!
 
予選12位通過でしたが、ジャイアントキリングを起こし!滑るたびに早くなっていき、ベスト4に入りました。本人は優勝したかったと思うので悔しいと思いますが、これは本当に凄いことです。
間近で見た自分には、何かをつかんだかのようにも見えました。
本人いわく、「神野慎之助!おかえり!」だそうです。笑
この調子で斯波選手に続いてワールドカップに出場し、ぜひオリンピックに出てほしい!
 
今回のヨーロッパカップは神野選手の他にも日本人選手が大健闘!
ワールドカップの準備のため初日だけの出場となった斯波正樹選手は、決勝1回戦で失敗し残念ながら敗れてしまいましたが、予選1本目で片側1位をとり、実力の差をみせつけてくれました。女子の佐藤えみ選手は初日、予選2本目でセカンドラップを出し、ベスト8。自分も初日に、相手の失敗に助けられましたが、2年ぶりにヨーロッパカップでベスト8に入ることができました。
 
決勝に残れた選手、残れなかった選手、嬉しかった選手、悔しかった選手、様々ですが、
だれ一人今回の結果に満足している選手はいないと思います。
しかし、日本国中の皆さんの願いである、日本表彰台独占へ1歩近づいたのも間違いないと思います。
 
この調子で行ってしまいましょー!!!
 
 
 
今回は日本チームとして行動しているわけではなく、一人一人が個人遠征を組み、現地で合流、個人競技ですがみんなで協力し合って大会に挑みました。
マイナス20度の極寒の中、みんなが自分のことだけでなく、周りの選手のケアをしながら勝負に挑む姿を見て、22年間この競技をやってきて、この競技は本当に素晴らしいなと改めて思いました。
 
次は、1月10日にバドガシュタイン(オーストリア)でワールドカップ第三戦が開催されます。
日本からは斯波正樹選手と家根谷えり選手が出場予定です。
 
これをご覧になった皆さんも一緒に応援しましょう!
ガンバレーニッポン!!!
 
 
 
少し、別の視点の話になりますが、
韓国チームの急成長には非常に驚かされます。
3年前とは比べ物になりません。
その理由はなんなのか?
僕には本当の理由はわかりません。
ただ、ひとつ思うのは。
みんな仲は良いのに、バチバチ!
勝負は「スタートからゴールまで」だけに見えます。
蹴落としあいをしているようには見えません。
本当のところはよくわかりませんが。
韓国チームはワールドカップの出場権など頻繁に予選会を行なっています。
今回のヨーロッパカップは冬季アジア大会出場をかけた韓国人選手同士で予選だったそうです。
そして、個人で遠征を組んで挑んだ34歳同い年のミョンゴンが3位に入賞しました。
ミョンゴンは前大会である2003年の冬季アジア青森大会銀メダリスト。
そして、自分は金メダリスト。
今度は地元札幌で開催される冬季アジア大会。
出場して、またミョンゴンと勝負したい!
しかし、どうしたら指定選手に選ばれて、出場できるのかわからないこの現状。
無力な自分に苛立ちを覚えますが、どちらにしろ自分のやらないといけないことはただ一つ。
ヨーロッパの大会で誰もが認める成績を残すこと!
頑張ります!!!
 
 
川口 晃平(パンダスタジオ・スキークラブ)